★雑学のすすめ★つい誰かに話したくなる雑学・豆知識。
知って得する『便利ネタ』・『節約ネタ』から、知らなくても損はしないけど、なんか笑っちゃう『トリビアネタ』が満載!


人気ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『「ノックの数」には意味がある!?』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ★雑学のすすめ★ vol.086
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

つい誰かに話したくなる雑学・豆知識。
知って得する『便利ネタ』・『節約ネタ』から、知らなくても損はしないけど、
なんか笑っちゃう『トリビアネタ』が満載!

===================================
【目次】
〔本日のお題〕 『「ノックの数」には意味がある!?』
===================================
信頼できる『ネタ』を皆様に提供すべく努力をいたしておりますが、
当方が保証するものではございません。
万が一掲載『ネタ』と事実が異なる場合がございましたら、
『ネタ』投稿よりご連絡下さい。
『ネタ』投稿 : http://zatugakunosusume.okoshi-yasu.com/
===================================
----------------------------------------------------------------------
【本日のお題】 『「ノックの数」には意味がある!?』
----------------------------------------------------------------------

ドアを開けるときには、必ずノックをしますよね。

「これから入りますよ」という合図になるわけですが、

ノックの合図とともに、中の人は体勢を整えることができて、

「どうぞ」という返事を返すことになります。



日本では、2回叩くのが一般的になっていますが、

これは日本だけで、「ノック」には叩く回数で意味が違います。



2回……トイレノック。トイレに人が入っているときはこれ

3回……プライベートノック。恋人や夫婦の部屋に入る前にはこちら

4回……正式ノック。仕事や人の家を訪ねたときに使います



ベートーベンの「運命」というこの曲こそ

「だれかがいきなり私の心をノックする、そして私の運命を変えた」

というストーリーで作られたものだそうです。

そして、「ダダダダーン」という音で始まります。

ここから四回ノックが正式ノックになったといわれています。



日本での「ノック」は2回でも理解されそうですが、

公式な場所や海外などへ出掛けた際には、ご注意を!!



就職や入学の面接の時にも、面接官は見ていますよ!!



----------------------------------------------------------------------
いかがでしたか?次回もお楽しみに^^
----------------------------------------------------------------------
転送はご自由です。
是非、ご友人やお知り合いの方にお薦めください。
できれば出所を明記してくださいね^^
----------------------------------------------------------------------
皆様からの『ネタ』も、どんどんお寄せください。
順次、ご紹介してまいります^^
『ネタ』投稿 : http://zatugakunosusume.okoshi-yasu.com/
----------------------------------------------------------------------
情報提供サイト:
一括投稿 『ぴーぱら』 : http://www13.ocn.ne.jp/~p-para/
----------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/04/14(土) 00:22:24 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。