★雑学のすすめ★つい誰かに話したくなる雑学・豆知識。
知って得する『便利ネタ』・『節約ネタ』から、知らなくても損はしないけど、なんか笑っちゃう『トリビアネタ』が満載!


人気ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『「花言葉」って?』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ★雑学のすすめ★ vol.053
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

つい誰かに話したくなる雑学・豆知識。
知って得する『便利ネタ』・『節約ネタ』から、知らなくても損はしないけど、
なんか笑っちゃう『トリビアネタ』が満載!    

===================================
【目次】
〔本日のお題〕 『「花言葉」って?』
===================================

信頼できる『ネタ』を皆様に提供すべく努力をいたしておりますが、
当方が保証するものではございません。
万が一掲載『ネタ』と事実が異なる場合がございましたら、
『ネタ』投稿よりご連絡下さい。
『ネタ』投稿 : http://zatugakunosusume.okoshi-yasu.com/

===================================
----------------------------------------------------------------------
【本日のお題】 『「花言葉」って?』
----------------------------------------------------------------------

伝えたい思いを込めたメッセージを花に託して送る、

そんなことが出来る「花言葉」。



赤いバラは情熱的で甘美な愛情、

ピンクのバラは病気の回復、

白いバラは美徳や純潔、

黄色いバラは友愛や献身、

など、「花言葉」の意味は草花の姿が語るイメージと、

結び付けられています。



こんな花言葉、そもそもどうやって決定されたものなのでしょう?



「花言葉」の由来は古代のギリシャやローマの神話時代だそうです。

例えばバラは、ギリシャ神話に出てくる愛と美の女神アフロが

生まれた時に一緒に生まれたとされていたりします。

聖書などでも事象と花は結び付けられ、

中世ヨーロッパの騎士が花に思いを込めて、

贈り物をする風習が世界的に広まったと言われています。

英国では19世紀のヴィクトリア朝時代に流行し、定着したようです。



実は、「花言葉」自体は世界各国、宗教や文化によって違うのです。

神話やエピソード、昔話や言い伝えなどによって様々なのですが、

現代の日本においては、外国からの移入の経緯などにもよって、

1種類に花に、複数の「花言葉」が存在してしまっています。



その中で、日本花普及センターは、花の愛好を普及させる目的で、

親しみやすく、イメージの悪い言葉を避けたものを、

新しい花言葉として選び、普及に努めているようです。



ちなみに、最近出来たような新種の「花言葉」は、

花のイメージを壊さない程度に、生産者が花に対する願いを込めて、

「花言葉」をつけていることが多いようです^^



----------------------------------------------------------------------
いかがでしたか?次回もお楽しみに^^
----------------------------------------------------------------------
転送はご自由です。
是非、ご友人やお知り合いの方にお薦めください。
できれば出所を明記してくださいね^^
----------------------------------------------------------------------
皆様からの『ネタ』も、どんどんお寄せください。
順次、ご紹介してまいります^^
『ネタ』投稿 : http://zatugakunosusume.okoshi-yasu.com/
----------------------------------------------------------------------
情報提供サイト:
一括投稿 『ぴーぱら』 : http://www13.ocn.ne.jp/~p-para/
----------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。