★雑学のすすめ★つい誰かに話したくなる雑学・豆知識。
知って得する『便利ネタ』・『節約ネタ』から、知らなくても損はしないけど、なんか笑っちゃう『トリビアネタ』が満載!


人気ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『「紅一点(こういってん)」の「紅」って何?』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ★雑学のすすめ★ vol.023
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

つい誰かに話したくなる雑学・豆知識。
知って得する『便利ネタ』・『節約ネタ』から、知らなくても損はしないけど、
なんか笑っちゃう『トリビアネタ』が満載!    

===================================
【目次】
〔本日のお題〕 『「紅一点(こういってん)」の「紅」って何?』
===================================

信頼できる『ネタ』を皆様に提供すべく努力をいたしておりますが、
当方が保証するものではございません。
万が一掲載『ネタ』と事実が異なる場合がございましたら、
『ネタ』投稿よりご連絡下さい。
『ネタ』投稿 : http://zatugakunosusume.okoshi-yasu.com/

===================================
----------------------------------------------------------------------
【本日のお題】 『「紅一点(こういってん)」の「紅」って何?』
----------------------------------------------------------------------

「紅一点」の「紅」とは、「ザクロの花」のことです^^



11世紀の中国の王安石(おうあんせき)が作った「石榴詞(ざくろし)」に、


    万緑叢中紅一点   動人春色不須多


一面の緑の草原に、一つだけ赤いザクロの花が咲いている。

春の景色は、たったこれだけのことでも、人を感動させてしまう。

とあります。



そこから、多くの男性の中に、女性が一人だけ交じっている様子を、

「万緑叢中紅一点(まんようそうちゅうこういってん)」を略して、

「紅一点」と表現するようになったようです^^



また、女性の美しさを花にたとえることばには、


    立てばシャクヤク、座ればボタン、

    歩く姿はユリの花、いずれがアヤメかカキツバタ


とありますね^^



実はここに出てくる植物は、いずれも婦人病のくすりです。

シャクヤク(生薬名・芍薬=しゃくやく)は、冷え性や月経不順・産後の疲労回復、

ボタン(牡丹皮=ぼたんぴ)は、月経困難や便秘、

そしてユリ(百合=びゃくごう)は、乳腺炎などのできもののくすり、

アヤメ・カキツバタ(白菖=びゃくしょう)は、鎮静、鎮痛薬、

として利用されてきました。



健康な美人を表した昔の人のセンスは、なかなか卓抜したものがあります^^

ただ、実際に利用されたのは、花よりも、根や茎、葉などの部分でした^^



----------------------------------------------------------------------
いかがでしたか?次回もお楽しみに^^
----------------------------------------------------------------------
転送はご自由です。
是非、ご友人やお知り合いの方にお薦めください。
できれば出所を明記してくださいね^^
----------------------------------------------------------------------
皆様からの『ネタ』も、どんどんお寄せください。
順次、ご紹介してまいります^^
『ネタ』投稿 : http://zatugakunosusume.okoshi-yasu.com/
----------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
アヤメ、カキツバタ、ハナショウブを見分けるのは難しい。たとえば堀切菖蒲園には、その見分け方として、次の記述の掲示がある(2005年6月現在)。なお、見分けがつきがたいものを「いずれがアヤメかカキツバタ」ということがある。・二反田のカキツバタ・水生植物とヒメダ
2007/04/21(土) 14:27:59 | 植物について
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。