★雑学のすすめ★つい誰かに話したくなる雑学・豆知識。
知って得する『便利ネタ』・『節約ネタ』から、知らなくても損はしないけど、なんか笑っちゃう『トリビアネタ』が満載!


人気ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『「コンセント」の穴には決まりがある!?』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ★雑学のすすめ★ vol.022
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

つい誰かに話したくなる雑学・豆知識。
知って得する『便利ネタ』・『節約ネタ』から、知らなくても損はしないけど、
なんか笑っちゃう『トリビアネタ』が満載!    

===================================
【目次】
〔本日のお題〕 『「コンセント」の穴には決まりがある!?』
===================================

信頼できる『ネタ』を皆様に提供すべく努力をいたしておりますが、
当方が保証するものではございません。
万が一掲載『ネタ』と事実が異なる場合がございましたら、
『ネタ』投稿よりご連絡下さい。
『ネタ』投稿 : http://zatugakunosusume.okoshi-yasu.com/

===================================
----------------------------------------------------------------------
【本日のお題】 『「コンセント」の穴には決まりがある!?』
----------------------------------------------------------------------

「コンセント」とは、電気器具のプラグを接続する差し込み口のことです!



「コンセント」は、和製英語で、「concentric plug(同心のプラグ)」を略したものです。



英語の名称では、エレクトリカル・アウトレット (electrical outlet)といい、

単にアウトレットと言うこともあります。



特に意識している方は少ないでしょうが、

実は、「コンセント」には、「正しい方向」があるんです。



壁に埋め込まれたコンセントを見てみましょう。

穴の長さを比べると、一方が長くなっています。

短いほうの長さは7ミリ、長いほうは9ミリと決まっていて、

通常は左側が長いのです。



長いほうは、「アース」(大地)につながっています。

いわば電気の帰り道です。



注:

ここでの「アース」とは、電柱上の電線を流れる高圧電圧が、

何らかの問題で一般家庭に向かう低圧側へ侵入した場合、

危険な電気を逃がす働きをする「アース」を指しています。

洗濯機の水濡れなど、漏電による感電を防ぐ「アース」とは異なりますので、

電気製品の「アース」を接続してはいけません。



電気的なノイズ(雑音)の影響を受ける機器の場合には、

悪影響を及ぼす電気的なノイズを、

「コンセント」の長いほうを通じて、逃がす仕組みになっています。



効果としては、次のような効果が期待できます。



「オーディオ機器類」の場合には、

・透明感が増す(聴き易く心地よい音)

・立体感が増す(音の余韻など、小さな音も聴こえる)



「映像機器類」の場合なら、

・画質のアップ



「PC関連」の場合なら、

・ADSLなど、ブロードバンド回線の通信速度向上



「信じられな~い」とお思いの方もいらっしゃると思いますが、

専門家なら必ずチェックする重要なポイントです。

お試しいただいて損はないですから、是非挑戦してみてください!



効果の度合いに関してですが、

各ご家庭に供給される電力の状態(ノイズが多く含まれている)や、

配線工事のミス、お使いの機器類や聴かれる方の個人差などにより、

お試しいただいて効果が感じられない場合も多々ありますので、

予めご承知置きください。



そして、差し込む側の見分け方ですが、

電源コードで、白い線の印刷されたほうが「アース」となっています。



どちら向きに挿し込んでも良い機器、又は、

「アース」を考慮して設計されていない機器もあります。 

この場合、電源コードに白い線は有りません。

白い線がない場合、文字が印刷されている側が、

「アース」と考えて取り扱うのが一般的です。



くれぐれも、感電にはご注意くださいね!!



----------------------------------------------------------------------
いかがでしたか?次回もお楽しみに^^
----------------------------------------------------------------------
転送はご自由です。
是非、ご友人やお知り合いの方にお薦めください。
できれば出所を明記してくださいね^^
----------------------------------------------------------------------
皆様からの『ネタ』も、どんどんお寄せください。
順次、ご紹介してまいります^^
『ネタ』投稿 : http://zatugakunosusume.okoshi-yasu.com/
----------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。