★雑学のすすめ★つい誰かに話したくなる雑学・豆知識。
知って得する『便利ネタ』・『節約ネタ』から、知らなくても損はしないけど、なんか笑っちゃう『トリビアネタ』が満載!


人気ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『「陰陽」の考えで、どうして「奇数」が「陽」なの?』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ★雑学のすすめ★ vol.018
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

つい誰かに話したくなる雑学・豆知識。
知って得する『便利ネタ』・『節約ネタ』から、知らなくても損はしないけど、
なんか笑っちゃう『トリビアネタ』が満載!    

===================================
【目次】
〔本日のお題〕 『「陰陽」の考えで、どうして「奇数」が「陽」なの?』
===================================

信頼できる『ネタ』を皆様に提供すべく努力をいたしておりますが、
当方が保証するものではございません。
万が一掲載『ネタ』と事実が異なる場合がございましたら、
『ネタ』投稿よりご連絡下さい。
『ネタ』投稿 : http://zatugakunosusume.okoshi-yasu.com/

===================================
----------------------------------------------------------------------
【本日のお題】 『「陰陽」の考えで、どうして「奇数」が「陽」なの?』
----------------------------------------------------------------------

わたくしの大切な姪っ子、「EK」ちゃんより、

『vol.017:日本料理のおかずは、奇数が原則?』の中で、

「「陰陽」の考えから、日本料理に「奇数」が好まれているのでしょう^^」

について、

「結局なんで「陰陽」と関係して「奇数」なのかがわからなかったです?」

と質問をいただきました^^



ではまず、なぜ「奇数」が「陰陽」では「陽」なのか?についてです。



「陰陽」において、「奇数」は動的且つ不安定な数で「陽」とされ、

「偶数」は静的且つ安定した数で「陰」とされています。


つまり、「偶数」は治まりが良くそのままで完結しているが、

それに対して、「奇数」は変化しようとする性向があるというか、

常に余韻を抱えながら、次に移る・続くという性質を持っていると言えます。


つまり、「偶数」は「偶数」同士足しても引いても掛けても「偶数」しか生みませんが、

「奇数」は「偶数」も「奇数」も生み出す発展的な数字という考え方です。



そこで、古代中国の思想「陰陽」が日本に伝わり、

「奇数」が縁起が良いとされて、日本でも定着したものと考えられます^^



「偶数」のように治まりが良いものをよしとせず、

発展的、言い換えれば不安定な数字の「奇数」を好むなんて東洋的でいいですね^^



ちなみに、「陰陽」を探れば探るほど、その考えの深さに驚くばかりです^^

時折、触れていきたいと考えています^^



「EK」ちゃん、ありがとう^^


----------------------------------------------------------------------
いかがでしたか?次回もお楽しみに^^
----------------------------------------------------------------------
転送はご自由です。
是非、ご友人やお知り合いの方にお薦めください。
できれば出所を明記してくださいね^^
----------------------------------------------------------------------
皆様からの『ネタ』も、どんどんお寄せください。
順次、ご紹介してまいります^^
『ネタ』投稿 : http://zatugakunosusume.okoshi-yasu.com/
----------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。