★雑学のすすめ★つい誰かに話したくなる雑学・豆知識。
知って得する『便利ネタ』・『節約ネタ』から、知らなくても損はしないけど、なんか笑っちゃう『トリビアネタ』が満載!


人気ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『「四つ葉のクローバー」って!?』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ★雑学のすすめ★ vol.114
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

つい誰かに話したくなる雑学・豆知識。
知って得する『便利ネタ』・『節約ネタ』から、知らなくても損はしないけど、
なんか笑っちゃう『トリビアネタ』が満載!

===================================
【目次】
〔本日のお題〕 『「四つ葉のクローバー」って!?』
===================================
信頼できる『ネタ』を皆様に提供すべく努力をいたしておりますが、
当方が保証するものではございません。
万が一掲載『ネタ』と事実が異なる場合がございましたら、
『ネタ』投稿よりご連絡下さい。
『ネタ』投稿 : http://zatugakunosusume.okoshi-yasu.com/
===================================
----------------------------------------------------------------------
【本日のお題】 『「四つ葉のクローバー」って!?』
----------------------------------------------------------------------

「クローバー(英:Clover)」は、一般的にはシロツメクサのことです。



カタバミ科に属する、「オキザリス」と間違ることがあるようですが、

「クローバー」は、三つ葉のまるい葉で白い線があり、

「オキザリス」は、葉の先が割れてハート形をしています。

「オキザリス」を、イラストやアニメなどに使っているのもあるようです。



四つ葉のクローバーは、幸福のシンボルとされています。

(一説には、十字架に見立てられているとも。)



「四つ葉のクローバー」の確立は、10,000分の1程度のようです。



「四つ葉のクローバーを見つけた人には幸運が訪れる」、

という言い伝えは、ヨーロッパに古くからあり、

夏至の夜に摘み草すると、魔除けの力があると信じられていました。



意味合いとして、「希望・誠実・愛情・幸運」、「富、名声、愛、健康」、

「希望 信仰 愛情 幸福」と色々あるようです。



あるジンクスに、「五つ葉のクローバーを見つけると失恋する」とか、

「二つ葉のクローバーを見つけると不幸が訪れる」というのもあります。



世界一多くの葉を持つ「クローバー」は、

2002年に岩手県花巻市矢沢で発見された18枚葉のクローバーで、

ギネスブックにも登録されているようです。



----------------------------------------------------------------------
いかがでしたか?次回もお楽しみに^^
----------------------------------------------------------------------
転送はご自由です。
是非、ご友人やお知り合いの方にお薦めください。
できれば出所を明記してくださいね^^
----------------------------------------------------------------------
皆様からの『ネタ』も、どんどんお寄せください。
順次、ご紹介してまいります^^
『ネタ』投稿 : http://zatugakunosusume.okoshi-yasu.com/
----------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あの・・・
いつも面白く読ませて頂いてます。

ただ、『確立』は無いでしょう。
知恵を売り物のページなので・・・
2008/05/24(土) 23:32:06 | URL | 読者 #O4Wmwo2A[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。