★雑学のすすめ★つい誰かに話したくなる雑学・豆知識。
知って得する『便利ネタ』・『節約ネタ』から、知らなくても損はしないけど、なんか笑っちゃう『トリビアネタ』が満載!


人気ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『本籍地はどこでも選べる!?』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ★雑学のすすめ★ vol.113
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

つい誰かに話したくなる雑学・豆知識。
知って得する『便利ネタ』・『節約ネタ』から、知らなくても損はしないけど、
なんか笑っちゃう『トリビアネタ』が満載!

===================================
【目次】
〔本日のお題〕 『本籍地はどこでも選べる!?』
===================================
信頼できる『ネタ』を皆様に提供すべく努力をいたしておりますが、
当方が保証するものではございません。
万が一掲載『ネタ』と事実が異なる場合がございましたら、
『ネタ』投稿よりご連絡下さい。
『ネタ』投稿 : http://zatugakunosusume.okoshi-yasu.com/
===================================
----------------------------------------------------------------------
【本日のお題】 『本籍地はどこでも選べる!?』
----------------------------------------------------------------------

「本籍地」とは「戸籍」を管理している場所のことを指します。

「戸籍簿」を管轄する役所のことをいい、

「戸籍」に記載されている地名を「本籍」といいます。



「戸籍」と住民票は性質がまったく違います。



「住民票」は今住んでいる所を登録する義務があります。

住所が変わるたびに改変される、非常に変動の激しい台帳簿です。



「戸籍」は,その人の身分関係(親子関係や,姻族関係,養子縁組など)

を記録するためのもので,相続などの際に相続人を確定したりするために,

記録されるものです。



そのため、住所が変わるたびに本籍を変える義務はないので、

「本籍地」には特に意味はないということです。



「本籍」は「過去そこに住んだことがある」とか、

「そこの出身である」などの証明ではありません。



平等に「日本国民である」ということがわかり、

その人の血縁関係がたどれればそれで良いわけです。



日本国内でしたらどこにでも登録できます。



千代田区は住民に比べてものすごく戸籍人口の多い地区だそうです。

そのほとんどの人が皇居に本籍を置いているようです^^;



あまり遠方ですと、手続きに時間がかかるので、ご注意を!!




----------------------------------------------------------------------
いかがでしたか?次回もお楽しみに^^
----------------------------------------------------------------------
転送はご自由です。
是非、ご友人やお知り合いの方にお薦めください。
できれば出所を明記してくださいね^^
----------------------------------------------------------------------
皆様からの『ネタ』も、どんどんお寄せください。
順次、ご紹介してまいります^^
『ネタ』投稿 : http://zatugakunosusume.okoshi-yasu.com/
----------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。