★雑学のすすめ★つい誰かに話したくなる雑学・豆知識。
知って得する『便利ネタ』・『節約ネタ』から、知らなくても損はしないけど、なんか笑っちゃう『トリビアネタ』が満載!


人気ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『「爪」は健康のバロメーター!?』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ★雑学のすすめ★ vol.107
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

つい誰かに話したくなる雑学・豆知識。
知って得する『便利ネタ』・『節約ネタ』から、知らなくても損はしないけど、
なんか笑っちゃう『トリビアネタ』が満載!

===================================
【目次】
〔本日のお題〕 『「爪」は健康のバロメーター!?』
===================================
信頼できる『ネタ』を皆様に提供すべく努力をいたしておりますが、
当方が保証するものではございません。
万が一掲載『ネタ』と事実が異なる場合がございましたら、
『ネタ』投稿よりご連絡下さい。
『ネタ』投稿 : http://zatugakunosusume.okoshi-yasu.com/
===================================
----------------------------------------------------------------------
【本日のお題】 『「爪」は健康のバロメーター!?』
----------------------------------------------------------------------

爪が割れやすくなった、爪の表面に横溝が現れる、

二枚爪になってしまう…などなど、

いつもと違う爪になることがあります。

これは、実は体の異常を表していたりします。



爪はケラチンというタンパク質でつくられ、

毎日0.1mmらい伸びています。



体の栄養状態、血流や代謝の状態がよくないと、

爪をつくる部分にも影響してきます。



特に、爪は体の中では末端に位置するため、

栄養補給が十分に行われにくいので、

体の状態は爪に反映してくると考えられています。



爪の色によっては、病気も考えられます。



白っぽい爪だと、貧血や肝臓の病。

赤黒っぽい爪だと、肝硬変やホルモン異常。

赤っぽい爪だと、脳血栓や心筋梗塞。

緑っぽい爪だと、緑膿菌などの細菌の感染。

などなど・・・



一般の人が自分で判断することはむずかしいので、

少しでも異常を感じたら皮膚科へ行きましょう。



昔から、爪の三日月の大きい人は健康だと言われていますが、

見え方にも個人差があり、さほど当てにはなりません。

しかし、三日月の数が減ってきたら体調には要注意です。



----------------------------------------------------------------------
いかがでしたか?次回もお楽しみに^^
----------------------------------------------------------------------
転送はご自由です。
是非、ご友人やお知り合いの方にお薦めください。
できれば出所を明記してくださいね^^
----------------------------------------------------------------------
皆様からの『ネタ』も、どんどんお寄せください。
順次、ご紹介してまいります^^
『ネタ』投稿 : http://zatugakunosusume.okoshi-yasu.com/
----------------------------------------------------------------------
情報提供サイト:
一括投稿 『ぴーぱら』 : http://www13.ocn.ne.jp/~p-para/
----------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/01/15(水) 23:29:39 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ケラチンケラチンとは、細胞骨格を構成する蛋白質の一つ。細胞骨格には太い方から順に、微小管、中間径フィラメント、アクチンフィラメントと3種類あるが、このうち、上皮細胞の中間径フィラメントを構成する蛋白質がケラチンである。毛、爪等のほか、洞角、爬虫類や鳥類の
2007/08/09(木) 19:35:10 | 健康食品の栄養事典
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。