★雑学のすすめ★つい誰かに話したくなる雑学・豆知識。
知って得する『便利ネタ』・『節約ネタ』から、知らなくても損はしないけど、なんか笑っちゃう『トリビアネタ』が満載!


人気ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『「埋蔵金の所有権」は!?』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ★雑学のすすめ★ vol.101
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

つい誰かに話したくなる雑学・豆知識。
知って得する『便利ネタ』・『節約ネタ』から、知らなくても損はしないけど、
なんか笑っちゃう『トリビアネタ』が満載!

===================================
【目次】
〔本日のお題〕 『「埋蔵金の所有権」は!?』
===================================
信頼できる『ネタ』を皆様に提供すべく努力をいたしておりますが、
当方が保証するものではございません。
万が一掲載『ネタ』と事実が異なる場合がございましたら、
『ネタ』投稿よりご連絡下さい。
『ネタ』投稿 : http://zatugakunosusume.okoshi-yasu.com/
===================================
----------------------------------------------------------------------
【本日のお題】 『「埋蔵金の所有権」は!?』
----------------------------------------------------------------------

「埋蔵金(まいぞうきん)」とは、資金などを埋めて隠した宝のことです。

建設現場などで、ときおりまとまって発見されています。



埋蔵金伝説は日本各地にあり、有名なものには、

戦国大名の佐々成政の軍資金や、豊臣秀吉、徳川埋蔵金、

結城晴朝公の埋蔵金などがあり、

発掘調査が続いているところはまだまだあるようです。



そうした埋蔵金を掘り当てた場合、それは誰のものになるのでしょうか?

このような埋蔵物の所有権に関しては法律で規定されています。



埋蔵金がそもそも誰のものであったかが明らかで、

相続権が証明された場合は、まるごとその人のものになり、

発見者には、落し物と同じ扱いで、埋蔵金の5%以上20%以下の範囲で、

報労金をもらうことができます(遺失物法4条1項)。



しかし、歴史上の人物の財産かどうかを証明するのは困難ですし、

その相続人であるかどうかなどは、法律上証明するのは非常に困難です。



戦後の50件近い発見例中、他人の土地から見つかったもので、

所有権者が確定したのは、たった4件しかありません。



相続人がいない場合には、埋蔵金を発掘した土地が他人の土地の場合、

民法第241条「他人の物の中において発見したる埋蔵物は発見者

およびそのものの所有者折半してその所有権を取得す」というのがあり、

発見者と土地所有者で半分ずつ埋蔵物を取得します。



その土地が発見者のもので、所有者にあたる人がいなければ、

まるごとその人のものになります。



しかし、文化財等を発見した場合には、「文化財保護法」が適用され、

その扱いは、とても難しいようです。



----------------------------------------------------------------------
いかがでしたか?次回もお楽しみに^^
----------------------------------------------------------------------
転送はご自由です。
是非、ご友人やお知り合いの方にお薦めください。
できれば出所を明記してくださいね^^
----------------------------------------------------------------------
皆様からの『ネタ』も、どんどんお寄せください。
順次、ご紹介してまいります^^
『ネタ』投稿 : http://zatugakunosusume.okoshi-yasu.com/
----------------------------------------------------------------------
情報提供サイト:
一括投稿 『ぴーぱら』 : http://www13.ocn.ne.jp/~p-para/
----------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。