★雑学のすすめ★つい誰かに話したくなる雑学・豆知識。
知って得する『便利ネタ』・『節約ネタ』から、知らなくても損はしないけど、なんか笑っちゃう『トリビアネタ』が満載!


人気ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『「コーヒーカップの置き方」って!?』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ★雑学のすすめ★ vol.096
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

つい誰かに話したくなる雑学・豆知識。
知って得する『便利ネタ』・『節約ネタ』から、知らなくても損はしないけど、
なんか笑っちゃう『トリビアネタ』が満載!

===================================
【目次】
〔本日のお題〕 『「コーヒーカップの置き方」って!?』
===================================
信頼できる『ネタ』を皆様に提供すべく努力をいたしておりますが、
当方が保証するものではございません。
万が一掲載『ネタ』と事実が異なる場合がございましたら、
『ネタ』投稿よりご連絡下さい。
『ネタ』投稿 : http://zatugakunosusume.okoshi-yasu.com/
===================================
----------------------------------------------------------------------
【本日のお題】 『「コーヒーカップの置き方」って!?』
----------------------------------------------------------------------

「コーヒーカップの置き方」には、特別なルールはないようです。



茶道から来た日本独特のマナーでは、

コーヒーカップの置き方は、持つ部分を左向きに出します。

客は、飲む時になってカップを半回転させて、

右手で飲むとされているようです。



取っ手を左向きにすると、右手でスプーンを使う時に、

左手で持つ部分を持って、安定させる事が出来るということのようです。



全体に模様のあるカップは、持つ部分を左に置いて、

飲む時に180度回転させることで、

カップに描かれた模様を楽しんでもらう意味もあるようです。



ワンポイント模様のあるカップは、持つ部分が右にあるのが大半です。

ワンポイント模様のあるカップの場合は、

模様を正面に、持つ部分を右にしてお出しするのがよいようです。



外国でのフォーマルなセッティングについては、

持つ部分は右側に向けるのが多いようです。

それは、多くの人は右利きであり、

何も入れないで飲むことが多いからだ思われます。

カップの広告も、持つ部分を右にしています。



わたくしは右利きですが、なぜかカップは左手で持つことが多いです。



----------------------------------------------------------------------
いかがでしたか?次回もお楽しみに^^
----------------------------------------------------------------------
転送はご自由です。
是非、ご友人やお知り合いの方にお薦めください。
できれば出所を明記してくださいね^^
----------------------------------------------------------------------
皆様からの『ネタ』も、どんどんお寄せください。
順次、ご紹介してまいります^^
『ネタ』投稿 : http://zatugakunosusume.okoshi-yasu.com/
----------------------------------------------------------------------
情報提供サイト:
一括投稿 『ぴーぱら』 : http://www13.ocn.ne.jp/~p-para/
----------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2007/06/07(木) 04:14:50 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。